キャッシュバッカーやポイントゲッター

出会い系サイトの攻略サイトや案内サイトでよく解説されているヤカラについて説明しますね。

 

キャッシュバッカーやポイントゲッターって何?

 

そう思う人も結構いると思いますが、出会い系サイトを利用しているとキャッシュバッカーやポイントゲッターという迷惑な素人の女性に出くわすことがあります。

 

これはポイント制の出会い系サイトでは運が悪いとまれに見かける素人の女ですが、とても不愉快な迷惑ユーザーの事なんです。

 

キャッシュバックの仕組み

メールやり取りや掲示板書き込みなどで女性にポイントが貯まる

ポイントをマイレージや景品や現金に変えることができる

 

えっ何それ?ふざけてるの?みたいに感じる人もいると思います。ま~僕もおおむね同じ気持ちです。ただ、今は男性もログインして出席確認みたいなのをするとポイントが無料でもらえたりする所もあってシステムや仕組みは改善されているとは思います。

 

とはいえ何でこんな制度があるのかも含めて分析や考察し、説明していきますね。

 

キャッシュバック制度の背景

昔は携帯(特にガラケー)からのアクセスがメインだった出会い系サイトであっても、現在はスマホやタブレット、パソコンからでも同じユーザーIDで登録や閲覧が可能ですし、パケット代もパケ放題やスマ放題などの定額制に入ってない人は出会い系というかネットなんて絶対しません。

 

しかし昔の出会い系の携帯サイトはは、女性無料をうたっていても、パケット代が高額になるので、使用するサービス料は無料なのにパケット代まで何とか男性負担にしようというのが、そもそものキャッシュバックシステムが構築された理由の1つのようです。

 

そういった理由から男性からのメール受信や返信、送信などで女性にはポイントがたまって、換金できるような仕組みが生まれたのです。

 

男からするとマジ?って思いますよね。

 

昔はそこまでしないと多くの女性が出会い系サイトに登録してくれるようなことはなかったのです。

 

男の場合も最初はせこく出会えない無料の出会い系探すじゃないですか?笑。ま~似たような感じと思えばなるほどと思える人もいるかと思います。

 

そういった背景の他に、ちょっと奥手や、めんどくさがりの女性は、せっかく出会い系サイトに登録はしてもメールを返信しなかったり、あまり積極的に活動してくれないこともあるのですが、ポイントが貯まるとなると、ログインやメール返信などにも積極的になってくれて、サイトが活性化するというメリットもあったのです。

 

出会いも求めるし、いろいろポイントも貯まるなら楽しいなという女性なんかは男性にもチャンスが増えますのでこれは許せますよね。

 

どこにでもくだらない人間はいる

今の時代は、キャッシュバック制度はほぼ不要になってきたのですが、過去の名残や、サイト活性化の目的でポイント制度やキャッシュバック制度は残っています。1メールの返信や受信で3円や5円のポイントが女性側には貯まっていくというものです。

 

このキャッシュバックポイントが高い出会い系サイトでは10円くらいまではあるんです。1日に100回くらいメールすれば1000円になりますので、お小遣いにはなりますよね。出会う気など全くないけど、暇つぶしとポイント集めだけ考えている女性は、男性にとっては「サクラ」と同じですよね。

 

ちなみに現金に変えれるところと、景品やマイレージなどのポイント変換ができるところに分かれています。

 

現金に変えるヤカラを

 

キャッシュバッカー

 

ポイントに変えるヤカラを

 

ポイントゲッター

 

と呼ぶわけです。

 

詐欺サイトの100%会えない運営会社が雇っているサクラとの違いは、素人の女の子がポイント集めのためにやっているってことなんです。

 

このポイント集め度によってはメールのやり取りの中で会ってみようかなということもあって、そういう子はキャッシュバッカーではないんですが、100%会うつもりはないけどポイントだけ集めている女は悪質な素人サクラでキャッシュバッカーと呼ばれているんです。

 

運営サイト側もキャッシュバッカーは禁止しているのでサイトパトロールや通報で排除していますが、業者と違って見分けるための線引きは難しいのが現状です。

 

1日に100回メールするってちょっと大変なので、そこまでするかって思いますが、効率よくポイントを貯める方法とかを紹介しているくだらないクズサイトやそれに乗っかるクズはいてるということです。ネカマでも出来るわけですし。

 

キャッシュバックポイントが低いサイトは本当に良い意味でのメリットしかないんですけどね。

 

 

ひとまずキャッシュバッカーの知識をつけたら、ひっかからないようにしていく事が重要になってきます。当然ですが、定額制の出会い系サイトにはキャッシュバック制度はないのでキャッシュバッカーやポイントゲッターは100%いませんよ。

 

とはいえアタックし放題で男性ライバルは多くなっちゃうんですけどね^^;

 

最強の定額制と僕がおすすめしているのがラブサーチです。

 

⇒ ラブサーチをチェック


 

キャッシュバッカーの稼げる金額

不愉快極まりないキャッシュバッカーは当然キャッシュバックシステムがあるサイトに存在します。ワクワクメールについてはポイント制度はありますが、そのポイントをキャッシュバックすることは出来ません。ですのでキャッシュバッカーは存在しません。

 

本来の考え方からいくと、キャッシュバックはもう不要ですよね。だって通信のパケットは定額制が当たり前になったわですから。

 

僕が紹介しているほんとうに出会える出会い系サイトのハッピーメールですが、当然サクラがいない出会い系サイトとして紹介して、なおかつ優良サイトとして紹介しています。しかしキャッシュバック制度が存在しています。女性がメールを受けると2円分のポイントがもらえるのです。

 

男性が女性にメール返信すると50円分のポイントが消費されますので、そのうちの2円が女性に還元されるということです。

 

さて、この2円でお金を稼ごうという人間がいるかというと、2円だとまずいないです。100回メールを受信して200円です。メールを受信するには基本相手にメールを送ってその返信をもらうという事なので、200円のために100回メールするのかというと、そんなことしてると目が疲れて、頭痛がしてきますよ。

 

腕もつるかもしれません。

 

1時間とかメールし続けて200円。

 

よっぽどヒマならやるかもしれませんが、普通はやりません。なのでハッピーメールを本サイトで紹介しているのです。実際に出会えるサイトですので。

 

ちなみに上記は昔に女性側の利用条件をチェックした時の事実です。今は再確認したんですが、動画の投稿に高評価がもらえたときみたいな感じの仕様の変更があった感じです。時代に合わせた本来の正しいあり方にしてくれてるのかもしれません。

 

これが、他にもあるサクラのいない優良出会い系サイトでは10円くらいまでのキャッシュバック制度があるサイトが存在しています。ここまでくると、つまらないことを考える素人サクラが出てくる可能性はあるんですよね。

 

ポイントゲッターの見分け方と対策

時代の変化でもうあまり気にしなくてもいいのかなとは思います。ただ一応は知識として知っておいてもらうためにある程度は説明しておきますね。

 

僕が紹介しているサクラのいない出会い系サイトではポイントゲッターに引っかかる可能性はそれほど高くないとはいえ、どういった傾向と対策があるのかは理解しておいた方がよいでしょう。まれにポイント数の獲得は低くても、複数サイト使ってポイント稼ぎをする迷惑なポイントゲッターがいないとも限りませんので。

 

ポイントゲッターの特徴

迷惑なポイントゲッターはポイントを稼いでお金にしようとするので、大量にメールの送受信をする必要があります。そうするとどういったメールになるかというと。

 

「今何してるの?」
「こんにちは」
「今日はおうどん食べたよ」
「よろしくね」
「う~ん^^;」

 

こんな一言メールが多いのが一番メジャーな特徴です。大多数の相手にメールの送受信が必要なので、1通1通きちんとした返信などできるはずもないので、メールの内容は短文で脈絡がなくなる傾向になります。

 

てか連絡先を交換した後にするようなメールですよね。それか自動返信の詐欺サイトのロボットみたいな・・・。

 

仮に長文メールでもコピペっぽい内容であれば注意をした方がいいです。

 

ま~極めつけのセリフの内容は

 

「返事まだ?」

 

これは速攻無視リストにいれておきましょう。

 

キャッシュバッカーは絶対にメアド交換に応じない

当然、会う気など0で、それだけでなく男にポイントを使わせようとしているので、捨てアドであろうと、本アドであろうと、絶対にメアド交換には応じません。フリーメールであれば、何らリスクも無いはずですが、それだとポイント稼ぎができないという、あまりにも単純で明確な理由があるからです。

 

キャッシュバッカーは会うまではメアドも電話番号も教えないで、会ってから教えるというちょっと考えると、う~ん確かにそういうものかなという言い訳をしてきますが、さらによく考えるとメアドも電話番号もナシで会おうという方が嘘だってことに気づけるはずです。

 

 

気づくというか経験則というオチですけどね。

 

 

メアド交換(連絡先交換)をしないというのが、キャッシュバッカーの絶対的な特徴で、それで判断できるので直アドの交換をある程度の早い段階で申し込みましょう。とはいえ、1通目や2通目で直アド交換を申し込んでも可能性は限りなく0ですよ。

 

いきなり連絡先を交換しようとしたら、本当に出会いを求めている女性に対して、この人セコイなとか、この人失礼な人だなとか思われて無視リストいきになります。汗。

 

プロフの質問と簡単な情報交換をした5通目あたりでチャレンジし出すのが目安となるポイントです。

 

ちなみに10通以内で必ず直アドを聞きましょう。「もうちょっとだけメールしてからお願いします」といったキャッシュバッカーか本当に奥手な感じの子か分からない子がいますが、10通くらいでスパッと切ってしまうのが一つの選択肢です。そのままメールを続けても、メアドを教えてもらえないかもしれないし、キャッシュバッカーかもしれないからです。

 

後、5通目あたりからと書いてますが、しっかりとメールのやり取りの流れや空気を読んでください。

 

きちんとメッセージでの会話の流れを連絡先交換しても不自然じゃない感じで聞くという事です。10通以内と書いてますが、きちんと聞くまでに会話の流れを作ってください。

 

後、自分が信用してもらえるかどうかはしっかりしたプロフィール写真をのせてるとかも関わってくるわけです。ですので10通以内とは書いてますが、10通前後という方が適切ですね。

 

可能性がありそうで、どうしても追っかけてしまいたい場合は、気が済むまでメールするのも手ですが、最終的には経験してわかっていくしかありません。

 

ちなみに写メ交換せずに会うというのは、ありですよ。失敗もありますが会えることは会えます。写メ交換せずとも結構かわいい子や綺麗な人も来ることがあります。

 

メアドやラインIDか電話番号とかの交換はキャッシュバッカー対策として絶対的な唯一の防御手段です。無駄なポイント消費や無駄な待ちぼうけは絶対にしないようにしてください。

 

会ってから連絡先を教えるなんてメールがきたら100%冷やかしかポイントゲッターです。

 

では次に、女性は完全無料で利用できるために男性をだますために入り込んでくる可能性がある業者についての知識をもってもらう必要がありますので説明していきますね。

 

⇒ 悪質業者と風俗業者のチェック

知名度人気No.1の出会い系

PCMAXについてはこちらから!
アフィリエイト

こちらの記事もどうぞ

出会い系サイトで悪質なサクラの特徴や手口
悪質な詐欺サイトの見分け方がわかったら、そこに潜むサクラの見分け方も理解しておく必要があります。きちんとしたサクラのいない優良サイトでも、詐欺サイトに誘導するために悪質な犯罪者が女性に成りすましで入り込んでくる可能性があるからです。
出会い系サイトにネカマは存在するのか
いろいろなネット上に必ずといっていいほどあちこちでネカマは存在していますけど、出会い系サイトの中にはほとんどいないというのが実情です。なぜネットの世界ではネカマがはびこるのかや、出会い系ではあまり見かけない理由などを徹底解説します。
出会い系サイトに冷やかし女性はいるのか
出会い系サイトには実際には会う気のない冷やかしで入ってくる女性はそうそうには見かけません。これも年齢確認や電話登録があるからだと思います。でも世の中にはいろいろな冷やかし行為がありますし、男性も悪気が無くやってる事は多いです。
出会い系に潜む悪質業者と風俗業者
優良な出会い系サイトでやっかいな相手の一つが業者の存在です。悪質な業者と風俗の営業をしている業者とがいて、普通に素人の女性との出会いを求めている男性にとってはこのうえなく迷惑な存在ですが、見分ける方法は簡単なので無視してください。
出会い系の割り切りサポあり条件あり
出会い系サイトでは金銭的な目的での出会いは禁止されていますが、割り切りやサポあり、他には条件ありとかいった内容によって日本では禁止されている個人の買春行為が出会い系では行われてます。一応需要はあるのかもしれませんが、迷惑な行為です。