サクラのいない優良な出会い系サイトの料金体系

管理人の経験と実績と調査による汗と涙の結晶といっても過言ではないです。

 

サクラのいるというか、サクラしかいない詐欺サイトを見分けて、本当に出会える優良なサイトを見つけるためには先人達と僕自身の数限りないサクラ詐欺での被害を体験し、それを乗り越える知識を磨き、チャレンジする熱い想いが今こうして、どうやってサクラのいない優良な出会える系で出会っていくのかという道のりに繋がっているのです。

 

その先人や僕の苦労だけでなく記事を著作権侵害や脱法リライトでコピーするヤラセ誘導のゴミクズ業者もいるんですね・・・。

 

ま~とりあえず熱い感動のお話はさておき、たくさんの出会い系がありますが、料金体系を基準にどうやって選べばいいのかは、ある程度理由と根拠が存在しているんです。

 

使ってはいけない悪質な出会えない系は特徴を記載していますので、よく確認しておいてくださいね。

 

サクラのいない出会い系にも種類と特徴がありますので、おすすめしている中から2つか3つは登録していくわけですので、どの出会える系に登録するかを決めていく必要があります。

 

出会いに関するマッチングサイトはジャンルや料金体系がいろいろありますが、重要なのはサクラがいない事と本当に出会えるかということです。

 

実際に出会えるところについては僕の方で自身での利用を含めて絞り込んでいますので、後はみなさんにとって出会える確率が高いところを選ぶだけです。

 

料金体系でどうった特徴があって、どう攻略するのかを比較して説明していきますね。

 

男女完全無料
男性有料のポイント制
男性有料の定額制
男女有料のサイト

 

男女完全無料

完全無料だからといって金銭面だけは安心できて安全というわけではないんですね。昔は単にライバルが多すぎて出会えなかっただけの無害な料金体系だったのですが、今は悪質サイトの温床や詐欺師の巣食う場所なんですね。

 

危険なパターンとしては、

 

  • 無料と嘘の表示がされていきなりクリック詐欺が発生するケース。
  • 無料と思わせて利用させた後に架空請求をしてくるケース。
  • 悪質なポイント制の有料サイトへの2重登録が行われるケース。

 

これらは無料というエサで釣って詐欺を働こうとするパターンです。

 

他にも一部は実際に女性とのメッセージはやりとりができるところもあると思います。昔は個人運営でそういったところもありました。

 

でもそういったところは女性じゃなくイタズラのネカマを相手にしたり、個人情報収集目的の業者、悪質サイトへ誘導するための業者が男性側にも女性側にも入り込むわけです。

 

そんなところに女性が登録すると思いますか?

 

女性を集めるための広告も展開していないところに女性が登録するはずもありません。仮に1人でも奇跡的にいたとして、男性から1日100通とかメールが来てすぐ退会です。

 

無料はある意味で一番危険です
どうしても無料でというのであれば、ナンパをしてください。なぜ無料の出会い系で出会えると自分が思っているのか自分で明確に答えれますか?自分で勝手に思い込んでるだけなんですね。

 

一応、危険な無料の出会い系なんかより、まだましな方法はあります。出会い目的で利用していない女性にフェイスブックやミクシィとかで、ひたすらアプローチしていたらもしかすれば、嫌がられてもいつかは会う事は出来るかもしれません。

 

実際にソーシャルから出会ってる人もいるわけですから可能性は0ではありません。無料の出会えない系を利用しようとするよりは危険もないと思います。出会い系のように使うと迷惑がられますし、禁止されていたりもします。オフ会のコミュニティに入ってオフ会に参加するとかですかね。

 

それだとカップリングパーティに参加したり、コンパ行く方がまだ会話の練習や連絡先交換の練習になるとは思います。

 

※それとエログに掲載されている出会い系は無料や有料関係なくほとんどが、架空請求の脅迫目的サイトやサクラしかいない詐欺サイトです。エログ運営者、広告代理店、詐欺師(脱法詐欺師)が手を組んでます。知識もなく絶対に近づかないでください。

 

男性有料のポイント制

僕がおすすめしているほとんどがのサイトは、男性のみが有料のポイント制ですが、出会える系と出会えない系が混在してます。でも比較すると一つの明確な指標となる違いがあります。

 

それは先払いと後払いの違いです。

 

先払い

優良な出会える系は料金明示がしっかりしていて、いうなれば明朗会計という事で先払いなんですね。先にポイントを購入しておいて、例えポイントを使い切ったとしてもそれ以上利用できないようにしてくれているわけです。

 

後払い

サクラをやとって高額な利用料を払わせるには後払いが都合いいんですね。そもそも料金も明確に明示されていない事がおおいですし、メッセージのやり取りをする相手は全て犯罪者の詐欺師というかサクラなわけで、何をどうがんばろうが実際に出会えることはありません。

 

サクラも男がやっていたり、バイトの女性や、自動返信などいろいろあるので、メッセージの中身はいろいろとあります。

 

こちらの質問には一切答えない短いメールや、連絡先は一切教えないパターンなど多種多様にあります。

 

典型的なパターンは連絡先も交換せずに会おうとして、会う直前にドタキャン・・・。

 

詐欺という犯罪行為をしてるわけですし、男がサクラをやってる事もあるわけで会えるはずもないんですね・・・。後、騙すためだけに運営しているので1通のメールのやり取りが200円以上と高額です。中には500円とかの異常なところもあります。

 

まともな運営会社であれば今は1通50円とかが主流です。

 

男性有料の定額制

金銭的なサクラ被害を無くすのに一番リスクがないのは定額制です。定額制なのにサクラなんて無駄に雇ったら人件費が全部赤字にまわりますからね。ありえないわけです。

 

男性が利用料金として出費の金額についてはポイント制よりも優れているのですが、使わない月の出費であったり、金額が少し有利な分、男性ライバルは増える傾向と女性側が男性を選びやすくなるので値踏みされてしまう可能性があるんですね。

 

きちんと出会えるところありますので、実績あるところや僕が利用して出会えたところを紹介しています。

 

男女有料のサイト

今は女性を騙すところもたくさんあるので、男女有料の利用料金体系に関しても出会える系と出会えない系にわかれます。

 

男性にとってみれば出会える系に紛れ込む悪質業者やキャッシュバッカーも一掃されるわけですが、女性が有料になる事の弊害での男女比の崩れやすくなっているため、出会える率が極端に減ってしまったりもします。

 

とはいえ、男女公平に出会いを探せるわけなので定額制であれば利用してみるのもいいかと思います。結婚相手を探している人とかは男女有料の定額制のところを探してみてください。

 

僕も時間があれば、そういったジャンルを案内できるようなサイトも作ってみるかもしれませんが、ここではジャンルが少し違うので特に紹介する事はありません。

 

ヤフーやエキサイトなどのある意味、公共企業に近い出会い系マッチングサイトにおける男女共に定額制の有料なところはサクラなどの心配は男女共にありません。たまに結婚詐欺系の詐欺師が紛れ込むみたいですけど・・・これはリアルよりはひっかかる可能性が高いかもしれませんね。

 

では詐欺サイトについても知識を持っていた方がいいので、今後の人生でもいろいろな詐欺にあわないようにチェックしてみてください。

 

⇒ 悪質な出会い系詐欺サイトの種類

 

出会うための扉を開く人はこちら


PCMAXの解説を見てみる人はこちら
→ PCMAXをチェックし入会登録


ハッピーメールの解説を見てみる人はこちら
→ ハピメをチェックし入会登録


ワクワクメールの解説を見てみる人はこちら
→ ワクワクをチェックし入会登録


ワイワイシーの解説を見てみる人はこちら
→ YYCをチェックし入会登録


本気でまとめて登録する意識の高い人はこちら
→ まとめて一気に入会登録

知名度人気No.1の出会い系

PCMAXについてはこちらから!
アフィリエイト

こちらの記事もどうぞ

悪質な出会い系詐欺サイトの種類
出会い系サイトの中でも悪質な詐欺サイトはあの手この手で男性の利用者を騙してきます。悪質なところにもいくつかの種類があるので、その種類を理解しておく事が重要です。なぜ優良サイトを使わなければいけないのかや、何が違うのかもわかるhずです。
完全無料の出会い系で出会えない理由と騙されるわけ
無料で出会える方法はたくさんあるわけです。難しいかもしれないけど、可能性は0ではない方法がいろいろと。でもなぜか完全無料の出会い系を使って出会えるという先入観や固定観念を持ってしまう人は世の中にとてもたくさんいるわけです。
エログや2chまとめの出会い系広告の危険性
よく著作権侵害を幇助(ほうじょ)しているエログってあるじゃないですが、他には2chまとめとかってアダルト系っていろいろあるわけですが、そこに掲載されている完全無料での出会い系とかって詐欺サイトや脱法詐欺サイトがほとんどなんですね。
出会い系で悪質な犯罪サイトの見分け方
優良な運営会社の周知や広がりで騙されない男性が増えた事もあって、悪質な出会い系は減ってきたのかもしれませんが、まだまだ人を騙すだけの詐欺師達は逮捕もされずに存在します。騙されてはいけない脱法系のサイトなどもしっかり見分けてください。