援助交際が危険な理由

出会い系サイトはまれにニュースで取り上げられることがあります。援交と呼ばれる未成年との援助交際が問題となったり、お金絡みのトラブルで事件が起こった場合に報道されることがまれにあります。

 

男性の立場で援交がどれくらい危険なものなのか、どうやってばれるのかなどの実態や、バレた場合に待っている社会的制裁なども解説していきます。

 

ちなみに元々禁止されていますが、今は出会い系サイトで援助交際(援交)はできません。

 

出会い系サイト規制法が制定され、改定されていく中で18歳未満の児童は出会い系サイトを利用できないように年齢認証などでしっかりとした運営がされています。

 

違反した者は100万円以下の罰金に処されます。児童は少年法の規定により家庭裁判所に送致となります。

 

昔はブルセラショップなんてものも存在していました。

 

名門女子高生の援交にはプレミア価格の10万円とかあったらしいんですけど、ウソかホントかはわかりません。

 

ちなみに青少年育成条例というのがあるので、お金のやり取りなどしなくてもアウトだったりします。

 

援交の実態

年齢認証がある優良な出会い系サイトでは援助交際は存在しませんが、年齢認証が義務付けられた後も、出会い系サイトではないコミュニティサイトでは援助交際といった個人売春がおこなわれています。

 

信じられない話ですが援助交際の低年齢化に伴って、小学生も手を出しているとの報道がありました。

 

産婦人科の医師がテレビに出ていたので本当だと思いますが、都会ではそんなことが起きているようです。

 

もちろん男性側にも責任があるのですが、女性側と親の責任が何一つ罪にならなければこういった行為も後をたたないですよね。厳重注意と言ってもこういった事を自ら望んで進んでする人間は何一つ反省しないですからね。

 

女子高生側が複数で男性側の財布からお金を抜き取る行為をしたり、逆に社会経験の足りない無知な女子高生を騙す男性などお互い様で存在していました。

 

この援助交際が問題となって出会い系サイト規制法が制定され、電話番号認証が取り入れられたり、年齢認証が義務付けられたのです。

 

援助交際がバレる理由

ちなみに合意の上での行為なのに何でバレてしまうの?っていう疑問もあるかと思います。これは色々なパターンがありますが、本人の意思とは関係なくバレことがあるので対策はできません。バレる原因は必ず未成年側にあります。

 

当然ですけどね・・・。

 

まず一つは親が携帯をチェックしてばれる場合。確かに変に高価なバッグや洋服を持っていたら子供を問い詰めますよね。そして携帯チェック。子供をしかるだけでなく、警察まで通報する親がいるわけです。そうなると通話履歴やメール履歴などから今までの相手が一網打尽になります。

 

怖いですね。。。

 

次に援助交際の相手が万引きや傷害などで別件逮捕された場合に、援交をカミングアウトするパターン。自らカミングアウトするのか、取り調べでいろいろ問いただされてカミングアウトするのかは不明ですが、素行が悪い人間はかなりの確率で補導されてそこからバレるわけです。

 

マジかよって話ですね。

 

自分が関わった事に大きく罪の意識を感じるパターンもあります。大人に脅されて援交をさせられている場合や、不良やヤンキーといったクズに無理やり援交をさせられているような場合です。これは本人同士の合意でなく、クズのヤンキーや犯罪者との合意で行為をしたという最悪なパターンです。

 

ちなみに逮捕されると、取り調べで拘束されるので会社を無断欠勤することになり、クビになる可能性がかなり高いです。

 

実名報道されるかどうかは警察発表と報道機関の時と場合の状況による運ですが、運が悪ければ社会的にも制裁を受けて、会社にばれるとほぼ間違いなくクビでしょう。

 

このサイトで紹介している優良な出会い系サイトでは年齢認証があるため、こういった失敗をすることはまずありませんが、援交だけは自らの身を滅ぼす行為なので絶対してはいけません。

 

怖いのは無料アプリとかで年齢認証がなくて援交を持ち掛けられてのってしまったりする場合です。

 

ちなみにですが、バックに男性からお金をだまし取る共犯の恐喝者がいると警察に連絡すぞと脅されたりする可能性もあります。

 

警察に連絡されるのはお前だという話なんですが、本当に即警察に連絡してください。

 

脅しに屈してお金を払うと結局お金が尽きるまで脅され続けて、お金が無くなっても借金させてようとまでする可能性が高いです。結局は警察に相談してもお金は戻ってこないのです。

 

さっさと覚悟を決めて先に警察に相談する方がマシなので、そもそも援助交際など絶対に手を出さないようにしてください。

 

援助交際には法的に自分が罪を犯して逮捕される危険性の他にも恐喝者に脅されてお金をゆすられるリスクもあるわけです。

 

援交の背景

なぜ女子高生とかの援交が無くならないのかなど気になる人もいるかと思います。都会での1つの原因みたいなコラムを見かけました。

 

それほど裕福でない家庭の娘さんをがんばって都会の名門高校に入学させたとします。

 

まわりはアホな芸能人の子供などがいてお金持ちだったりするわけです。当然ですが、親が痛いと子供も痛くて金使いがあらかったりします。

 

すると周りと同じようにお金を使いたい娘さんが援交したりするわけです。

 

がんばって無理して入れた名門高校で知らぬ間に娘が自分と年齢の近いオヤジに股を開いているという悲しい現実があるんですね。

 

既に学歴社会は終焉を迎えつつあります。

 

しっかりと判断して子供さんの事を考えて欲しいところなんですよね。

 

こちらから次のステップへ


管理人の経験や想いから何か気づいてつかみ取ってください。
⇒ 管理人の出会いキングの想い


最初に考え方とか大事なメッセージをお伝えしていきます。
⇒ これからはじめる出会い系


いくつかのサクラのいない安全に利用できる出会い系に登録して利用したいと考えている人に向けて実際に利用してみて安全で安心な運営会社を一覧にまとめています。
⇒ 出会うための優良サイト一覧


まだ出会い系を利用した事がない初心者の人や、うまくいっていない人は基本的なシステムや考え方をお伝えしていますので、まずチェックしてください。
⇒ 利用する前の基本的な知識


詐欺師やサクラの犯罪者に騙されないための運営会社の選び方の解説です。煽り(あおり)やヤラセ誘導のゴミムシにも騙されないようにしてくださいね。
⇒ 安心安全な出会い系の選び方


登録が終われば、後は彼女や恋人、セックスする相手を探して見つけて、ホテル(ラブホテル)に行くだけです。基本的な攻略テクニックはこちらからどうぞ。
⇒ 基本的な攻略テクニック

 

本当に出会える出会い系

ピーシーマックス
PCMAX

ピーシーマックス

出会い系の中で王道中の王道で色々な面でのプロ中のプロがこのピーシーマックス。本物ってやつですね。本当に出会える出会いを真剣に提供してくれる流れを作ってくれたのがマックスグループのPCMAXです。


⇒ ピーシーマックスの解説へ

ハッピーメール
ハッピーメール

ハッピーメール

芸能人プロモーションにも力を入れてくれていて、優良出会い系の御三家として名高いのがかのハッピーメールです。ここまで知名度が高くて安心して利用できるようになったのはここだけかもしれませんね。


⇒ ハッピーメールの解説へ

ワクワクメール
ワクワクメール

ワクワクメール

安心感があり、信頼と実績があります。ここからはじまった出会い系サイトのサービスも多いです。御三家に名をつらねるのに恥じない御三家としての一角を担ってくれています。今は少しハピメとPCMAXにおされてる感じですね。


⇒ ワクワクメールの解説へ

知名度人気No.1の出会い系

PCMAXについてはこちらから!
アフィリエイト

こちらの記事もどうぞ

出会い系サイトでの避妊の必要性と重要性
出会い系サイトを利用して出会えた後に待っているラブホでのセックスはやっと目的にたどり着いた至福の時ですが、必ず避妊はしておく必要があります。運悪くろくでもないメンヘラ系に出会った時のために避妊の必要性と重要性を解説します。
出会い系サイト利用時の性病予防はコンドーム
出会い系サイトの利用をする際には風俗を選ぶ時と同様に必ず性病についての知識は必ず持っておいた方がよいです。対策や予防するのは簡単な事なんですが、しっかりとコンドームを付けておくというのが絶対必要だということです。
出会い系サイトでの割り切りやサポありの危険性
出会い系サイトでは禁止されているのですが、割り切りの出会いやサポありの出会いというものが存在していて、恋愛相手の彼女や身体の関係のセフレを探すコミュニティになぜかお金を要求する素人女性が存在しているので注意が必要です。
出会い系でヤリマンの職業の女性に会えるのか?
世の中にはヤリマンの女性がいる事は間違いない事実です。そしてその職業をランキングを作ってみたい、知りたいと思う人もたくさんいます。出会い系で実際にセックスできる女性に出会える確率を上げれるかなどの参考に分析していきたいと思います。
サセコ(サセ子)の特徴
出会い系でセックスがしたい男性にとってサセコと呼ばれる、やらせてくれる女性は天使以上の存在であるともいえます。エンジェルちゃんといってもいいです。ヤリマンとは少し違うのですが、、共通する部分や特徴を出会い系攻略の参考にしてください。